日常の為の非日常であって、非日常の為の日常ではない。

こんにちは

こんばんは

Simply JINです。

何だか長ーいタイトルになってしまいましたが、いつものように気まぐれブログを書いていきたいと思います。^ ^

タイトルになっているこのワードは、ある意味僕がこのお仕事を始めてからの原点というか、常に意識していることです。

ひょんなキッカケから「女性向け風俗」というサービスや業界に携わることになり…

ホントに右も左もわからない状態でスタートした2018年夏のことを今でもハッキリと覚えています。

僕にとって始めは、副業としての「一つの手段」としか考えてなかったこのお仕事ですが

その頃にお会いしたお客様から沢山の感想やお礼の言葉をいただいた時に

「こんな自分でも誰かしらの何かしらの役に立っているのかな?」

という実感めいたものがそこにあって、このお仕事やサービスの可能性や必要性?のようなものが、少し理解できたように感じた時から

「うん、もうちょっと頑張ってみよ」

って感じで、このお仕事とちゃんと向き合い出したことを最近になって改めて思い返しています。

・色々とモヤモヤしてストレスを感じてたけど、スッキリして気持ちも身体も軽くなりました。

・このようなサービスを利用することに抵抗や罪悪感があったけど、利用してみて考え方が変わって、色々な意味で寛容になれました。

・日頃のストレスや疲れから周りの大切な人にキツくあたりがちだったけど、少しだけ気持ちに余裕が出来て優しく接することが出来ています。明日からまた頑張れそうです。

・自分以外の人に気を遣いすぎて、自分を許すことや癒すことを忘れてしまっていたけど、自分を大切にして認めてあげることの大切さがわかりました。

・日々色々な自分を演じることに疲れていたけれど、ちょっとだけホントの自分を出せる逃げ場を見つけられたこと、逃げていいんだと思えたことが良かったです。

こんな自分にこのような言葉を頂けたことが、今でもこのお仕事を続けられている理由だと改めて感じています。

ある意味で、この「Simply」という場所をつくったのも僕の中では「原点回帰」というか…

今までやこれからを考えた時に

「何故、この仕事をやっているのか?

誰の為に、何の為に?」

それが無いとこのようなお仕事を続けている意味や理由が無くなってしまう気がするんです。

昨今のこの業界や界隈は

何と言うか…

ま、僕ごときが何か物申す資格や立場では無いと思いますが…

日常の為の非日常ではなく、非日常の為の日常

…のようになってしまっているような方々が多くなっているんじゃないかな?と感じることもあります。

あくまでも

お客様ご自身の日常の為の非日常であって、非日常が日常をダメにしてしまうサービスであってはならない。

最近、改めてそう思っていますし、そう願っています。

この考えはThe3rd placeを立ち上げた当初からの思いでもあります。

業界や界隈の環境や空気感、流れの中で様々なシステムやサービス内容の変更や追加をしていますが、「第3の場所」という原点「コンセプト」をこれからも大切にしていきたいと考えています。

もちろん、お客様だけでなく

今現在The3rd placeに所属しているスタッフ君達にとっても本業やプライベートがある意味で日常であるわけで。

スタッフ君達の日常の為の第3の場所であって欲しいし、皆んなそれぞれに自分なりのこのお仕事に携わる意味や理由と出会って欲しいなと思っています。

あ、今日はいつもよりも長くなってしまいましたが…

そしていつもよりもちょっと真面目な話になってしまいましたが…

良かったらまた気まぐれブログにお付き合いください^ ^

いつもありがとうございます😊